活動を知る

会は2001年9月から活動を開始し、カンボジアにおける処理活動は2002年7月1日から、ラオスにおける処理活動は2006年2月28日から、アフガニスタンは2006年11月9日から、アンゴラにおける処理活動は2009年4月20日から開始しました。その他、各国で活動を展開しております。JMASの活動を御理解いただく為に月に2、3回活動状況を報告します。下の表から気になる国をクリックしてください▼

KH

カンボジア

2002年より 継続支援
活動報告

LA

ラオス

2006年より 継続支援
活動報告

AO

アンゴラ

2009年より 継続支援
活動報告

PW

パラオ

2013年より 継続支援
活動報告

 

特集

Thumbnail ご希望の方はダウンロードしてお使い下さい。※PCサイズの壁紙です、スマートフォンには対応しておりません。
Thumbnail   JMASが発刊している活動状況の報告書(パンフレット)です。 タイトルをクリックするとpdfファイルが開きます。
Thumbnail 日本地雷処理を支援する会(JMAS)の活動を紹介したビデオです。 (2010年度版)

現地の人々とともに

Thumbnail 2015年7月8日 JMASアンゴラベース周辺の花木 Ⅱ    JMASが活動しているアンゴラ・マブバス村のベース内や、地雷処理地には、乾季を迎えた今、様々な木々が咲いています。可憐で逞しく生きている花木を季節ごとに紹介していきたいと思います。        地雷処理地の偵察中に見つけた蘭の仲間?処理前に植替え先を検討中

新着記事

Thumbnail 2017年5月カンボジア活動報告   カンボジア王国では「不発弾処理に係る能力構築支援事業(第3期)」及び「地雷除去に係る能力構築支援事業(第3期)」、「安全な村づくり」を実施中です。
Thumbnail 2017年3月カンボジア活動報告...
Thumbnail 2017年4月カンボジア事業活動報告 カンボジア王国では3月に引続き、不発弾処理及び地雷除去に係る能力構築支援事業を実施中です。また、「安全な村づくり」を実施しております。
Thumbnail カンボジア・CBPD事業(2月)活動報告 1 全 般  ① 地雷処理活動及び能力構築教育が実施されました。  ② 危険回避教育及び研修者に対する対応
Thumbnail ラオス事務所 現地代表 田川 友康 ラオスの人々のために カンボジアに続いてラオス人民民主共和国(Lao P.D.R.)の不発弾処理事業を実施することとなり、2005年9月20日からビエンチャンにおける準備作業を開始した。事前の調査に基づき、外務省 (大使館)ラオス政府、国連等国内外関係機関との調整も順調に推移し、ビエンチャンに到着早々に事業許可書を受け取ることができ、これからの順調な事業の 展開を暗示させるものと関係者一同胸を撫で下ろした。
Thumbnail アンゴラ事業地雷処理完了式    ...
Thumbnail 「グローバルフェスタJAPAN2011」への参加
Thumbnail ラオス・シェンクワン県においてクラスター子弾処理機械事業の開始式を実施  ...
Thumbnail 国際平和協力活動等についての講話  ...
Thumbnail 事務局たより232号 「グローバルフェスタJAPAN2016」に参加して  ...

活動を知る

寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2