JMAS通りフェスティバルを開催

2012/8/7

「JMAS通りフェスティバルを開催」

8月4日(土)0930~1230、ベースに沿うJMAS通り(通称)一帯において、地域復 興支援として活動を続けている花壇植栽、土かまど活用、博物館公開による地雷危険回避教育及びサッカー試合等を実施してJMASへの理解を深めるとともに コミューンの融和団結を図るJMAS通りフェスティバルを開催した。

このイベントに地元マブバスから子供を中心に約150名、首都ルアンダから日本大使 館、JICA、日本企業の方々がご家族、Dr入れて27名参加され、賑やかな催しとなりました。

(写真左)ルアンダから遠路ご支援いただいた皆様
( 写真右)2ケ所の花壇で植栽。 マブバス 郡長 (正面奥の女性)もお手植え

(写真左)好ゲームに湧いたサッカー大会の表彰式。住友商事 石川 聡 大会会長から賞状、賞品の授与
(写真右)食べ物の匂いがする竈コーナーは大賑わい  新設の土竈(右端)

(写真左)地雷博物館入館を待つ子供達の列
(写真右)館内で地雷・砲弾を見学中の子供達

(写真左)通りには地雷除去機ナジーラ号を展示
(写真右)専門家撮影の写真パネルを準備間に郡長様が視察


地元民に人気の綿菓子も提供

寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2