2008/7/2 ティービースリー

6月23日(月)、実施されたライオンズクラブ国際協会及び同財団のご寄付で購入した車両等の贈呈式の模様が、6月25日夕の国内ニュースでティービースリー及び同ファイブ局が放映いたしました。

TV3(ティービースリー) 6月25日放映
*夕方の国内ニュースにて
 ライオンズクラブ国際協会330-B地区が、日本地雷処理を支援する会(JMAS)カンボジア事務所に対し、車両2台、メガホンなど地雷処理に関わるその他の装備品を寄贈しました。

 2008年6月23日、ライオンズクラブ国際協会330-B地区が、カンボジアにおける地雷・不発弾処理を支え、さらによりよいものにしてゆくため、車両2台、メガホン、その他地雷処理に関わる装備品をJMASカンボジア事務所に寄贈支援しました。
 この贈呈式は、CMAA事務局長サム・ソタ閣下、CMAC長官ケム・ソポアン閣下のご参加のもと、カンボジア地雷処理センター(CMAC)本部敷地内で行われました。

 ライオンズクラブ国際協会を代表して、330-B地区ガバナーの牧田健一氏は、「カンボジアにおいて地雷・不発弾処理を行ってきたJMASの意義ある活動を知り、ライオンズクラブは、車両を2台と、メガホン、その他の地雷処理作業に関わる装備品をJMASに寄贈支援することを決めました。」と述べられました。

 JMASカンボジア事務所代表の山本忠文氏は、このライオンズクラブの大変意義ある尊いご寄贈支援に対し、深い感謝の念を述べられました。

以上

寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2