地雷除去小隊の展開処理  


地雷除去活動  
地雷活動の順序
1.マーキング(径始)
2.目視点検及びわな線除去
3.潅木除去及び雑草除去
4.地雷探知器、(地雷探知犬)
5.プロッダーによる地雷確認
6.地雷識別及び除去
7.原則としてその場爆破、安全確認出来た場合は、回収後まとめて付近で爆破

機械式地雷除去  
地雷除去器材は、武器等製造法で「武器」である。但し対人地雷は、人道的見地より除かれることになった。

「ブラッシュカッター」とか「ブッシュカッター」とか「潅木除去器材」と言われています。

上の写真は、「ロータリー・カッター」

下の写真は、「器材全体」

地雷の除去活動工数のうち、潅木除去が70%の労力を占める。

使用方法により対人地雷も処理できる

剪定バサミ 対 潅木除去機
 Pruning shears vs Bush-cutter
剪定バサミで草を刈る
剪定バサミでは地雷を処理する事が出来ない。
この単純作業が、地雷除去活動の70%を占める。
潅木除去機
日本のメーカが製作
地雷の除去にも使用できる。
実用試験:
 1999年9月~200年9月
 2003年3月
地雷除去中
この写真を撮影した5分後にロータリーカッタでRPG-7対戦車ロケット弾を弾き飛ばして、大音響。潅木除去機に損傷なし!

灌木除去機(ブラッシュカッター)  20t  


地雷探知機で地雷を見つける

金属探知機である
磁界の金属による変化(乱れ)を利用して検知する。
地雷のみならず金属破片にも反応する。
オーストラリア製F1A4は、中国製対人地雷72式地雷の撃針でも反応する。!

地雷を触感で見つけ処理する

プロッダー(Prodder)による地雷の探知
触針による地雷の形状を判断する。
何度も慎重に突き刺して「大きさ」と「形状」を判断する。
Prodder:地雷探知棒
山本賢の軍事英和辞典
財団法人自衛隊援護協会
25,520語 ¥2100
Tel:03-3355-0505
わな線を見っけて除去する。
「鉤」と「ロープ」を使用し、「わな線」を除去する。
g

地雷を見つけると表示マーカーを置く  



プロッダーで地雷の種類、位置及び形状確認  


大型ノミのようなスコップで地雷を掘り出す  


地雷をその場で爆破する

導火線、非電気雷管と導爆線付きTNT爆破薬で爆破処理する


対人地雷を集めて爆破処理をする


 

カンボジア王国は、何処にあるのでしょうか?

飛行機でタイ、ベトナム、シンガポールに行き そこで飛行機を乗り換えて、カンボジアの首 都プノンペンに行きます。


カンボジアの不発弾

ベトナム戦争で使用した、米空軍の爆撃機や戦闘・爆撃機から落とす爆弾(重量:250 Kg爆弾~1t爆弾)
大砲から撃つ砲弾が不発弾として、沢山残っている。(直径:105mm~203mm)
ベトコンもベトナム正規軍も、ポルポト軍も政府軍も、多用したロケット・ランチャ(ロケット発射機)から撃つ「ロケット」弾

カンボジアの地雷について

ソ連の支援した政府軍は、ソ連製地雷を輸入して埋めました。(上は、対戦車地雷)
?中国が支援したポルポト軍は、中国製の地雷を埋めました。(下は、72B型対人地雷:テキサスインストル・メント社の7ピンのLSI(大規模集積回路が使用されている。このハイテク地雷は除去すると爆発する構造になっている)

合計、約600万個程度が埋められた。


何故、カンボジアには、不発弾が多いのですか?

1965~1975年、中国とソ連が支援する北ベトナム軍と、アメリカが支援する南ベトナム軍が戦争をしました。

ベトナムは、日本のように細長い国であるために、北ベトナム軍とベトコン・ゲリラ部隊が、ラオスやカンボジアのジャングルを通って、密かに物資や兵士やゲリラを送り込んで、サイゴンにいる南ベトナム軍を攻撃しました。これを「ホーチミン・ルート」と言います。
O
この「ホーチミン・ルート」に対して、アメリカ軍は、南ベトナム軍を助けるためにB-52爆撃機で240万トンの爆弾を落としたり、大砲で砲撃を加えました。そのうちの一部が、爆発することなく、不発弾となりました。




何故、カンボジアには、地雷が多いのですか?

↑カンボジアの地雷地図    カンボジアの西側、タイ国境近くに多い

地雷は、拳銃と同じで、武器です。
地雷を土に埋めて仕掛ける際に は、埋めた場所を正確に記録し て保管するように規則で決められ ています。カンボジアで起きた 内戦時に、ポルポト軍も政府軍も この国際条約を守りませんでした。
ポルポト軍は、中国の地雷を輸入して、政府軍は、ソ連の地雷を 輸入して、手当たり次第に埋め まくりました。埋められて、残った地雷は、400万個とも600万個とも 言われております。

カンボジアの地雷・不発弾被害者
地雷及び不発弾の被災者数
年   平均
約 800人

カンボジアの小学校

カンボジア地雷原処理あと地に建てられた小学校

 カンボジアの小学校の教場

メガネをかけている児童がいない。教場には、電気がない。
教室の数も先生の数も少ないから教場は、子供でいっぱい。

 

通学路は、地雷も一杯、お花や草も一杯

道路の向こうは地雷原


この写真は不発弾を処理したところ。

これで危険な不発弾が一つ無くなりました。

 

JMASカンボジア事務所の役目

カンボジアの人々の生命を救い、
貧しい人々にの生活を向上させ、
そしてカンボジアの開発を支援しています。

 

 

不発弾処理

このお仕事3K職場の代表例

notification done kiken 危険!
notification done kitanai 汚い!
notification done kitui きつい!


 

不発弾の定義 不発弾とは...

notification done
「人を殺傷し、物を破壊する」目的で製作された「弾薬類」が
notification done 本来の機能を発揮するべく、発射、投下、投擲、敷設等をしたものの、
notification done 未だその機能を発揮し得ないで、中断した状態の弾薬を「不発弾」と言います。
notification done 「不発弾」の中には、「不発爆弾」も含まれます。

 


不発弾の収集・運搬
 
大きな不発弾はそのまま荷台に載せ土嚢で固定します。

 

小さな不発弾は砂を入れた箱の中に入れて
爆破処理場まで運びます。

不発弾を車に乗せて集めてから、爆破処理します。

爆弾探知機


三叉と人力で不発弾処理


米国製250kg爆弾発見

ワイワイ・ガヤガヤ・・・・・・ この爆弾は、くず鉄拾いがベトナム製金属探知機で発見し、シメシメと思い発掘したものの、爆弾であったためCMACに御注進におよんだものである。 ここは、元ホーチミンルートで飛行場があったとのこと。 乾燥季であったため爆弾は浅いところにある。

  • 場所:プレイベーン州
  • ウイル シュボット元空軍基地
  • Mk 82 250kg爆弾

爆破準備(非電気式爆破)

導火線に点火し、歩いて避難する。

この時、走ってはいけません。危険です。ゆっくりと歩いて安全なところに、避難します。


点火準備作業

電気点火の実施 •母線の展張終了

発火機への結線作業中
•赤い帽子を冠っているのが不発弾処理隊員
•危険な作業であるので、間違わないように見張っている
•間違えると、「注意」をする


点火用意。点火!

  • Fire ready  (点火用意!)
  • バェイ、ピー、ムォイ (3,2,1)
  • Fire! (点火! )

点火手は、発電機を回して電気を起こす。
発破母線に電流が流れて、「電気雷管」が点火する。 「電気雷管」が「導爆線」を起爆する。

これで「TNT爆薬」が爆発する


250kg Mk82爆弾の爆破準備


爆弾の爆破


爆破跡

地雷探知犬の活動


カンボジアの地雷探知犬の歴史


2002.12.スウェーデン陸軍が、軍用犬を寄付しました。
これ等の犬は、スウェーデン語で教育訓練を受けていたので、カンボジアの犬の調教師は、「スウェーデン語」を習って、犬を使っていました。
現在:40匹(勤務)体制であり、合計80匹の地雷探知犬がいる。
訓練所TC( Training Center )での訓練
基本課程 8ヶ月 ~ 12ヶ月(頭の良い犬は8ヶ月、頭の悪い犬は12ヶ月)
練成再教育課程 : 6ヶ月毎に2週間 若しくは 一年間で4週
資格試験に合格した犬には、合格証書(免許証)が発行される

  皆さんのように、犬は、入学は一緒ですが、卒業は出来た準に卒業します。


地雷探知犬は、現在80匹います

犬の檻

一匹の犬が吠えると、全部の犬が吠える。
地雷探知犬の卒業試験

試験に合格しないと卒業できない

合格した犬には「免許証」交付される

 犬を使って地雷を見つける


地雷探知犬は、火薬や爆薬の臭いをかぎ分けます。
地雷及び不発弾の匂いを検知したら「その場でお座り」をします。
犬の鼻の嗅覚能力は、人間の500倍もあります。
犬への命令は、「スウェーデン語」です。
犬のお食事は、ドックフードで(一日1$:100円)を食べています。
そして、学生の食事代は探知犬と同じで一日1$100円です。
←地雷探知犬の嗅覚訓練場

犬と人間の嗅覚能力

人間は、1万分の1の異臭を検知出来る。

人間: 1/ 10,000

地雷探知犬:
   1 / 1,000,000,000,000,000
寄付・ご支援について

あなたのご支援で、各国の子供たちの自立を

寄付の申し込みはこちら
  • 動画を見る
  • sidebtn02
  • loginbtn
  • facebook
 

 

rogo2